あまーり大学

Football Manager日記や大学生活アドバイス、小説・映画レビューブログです

ラストレター【映画レビュー】

今回はラストレターの感想です。

 

 

f:id:Amari-FM:20200117231701j:plain

 

あらすじ

裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。
勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。
ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく―――

(ラストレター公式サイトより)

 

 

感想

拝啓 岩井俊二様

あなたの作品をどれくらい見たかというと全然見ていません。

唯一見た作品は『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』です 。

というわけで昔の作品から考察するということはできないのでお許しください。

 

 

役者

f:id:Amari-FM:20200117232208j:plain

まずは役者からです。とにかく広瀬すずが可愛かったです。二役演じていたのですが、しっかり演じ分けられていました。特に鮎美としての広瀬すずに心を奪われました。

森七菜もかわいかったです。透明感あふれる女性で小林武史と岩井俊二が好きそうな女優です。おじいちゃんおばあちゃんと過ごしているときの少し演じている姿というのを上手く演じていたなと思います。私が神木隆之介だったら絶対に森七菜ちゃんを好きになってました。告白のシーンとか最高なんですよ。

福山雅治と神木隆之介は同一人物を演じていました。びっくりしました。福山雅治は少しナヨっとした男性も似合うということに気づきました。

松たか子はかわいいおばさんでした。あたふたするところとかかわいくてたまらなかったです。

そしてなんといっても豊川悦司!少ししか出てこないのにあの存在感は何!見せつけられました。

あとは息子役の子どもとその友達!『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で出てきたような少し生意気な感じがよかったよ。今の子どもたちってこんな感じなのかな?

 

 

ストーリー

f:id:Amari-FM:20200117232144j:plain

ストーリーについてなのですが、ご都合主義の所は多いです。まず同窓会で姉に間違えられるというのが無理があります。流石に気づいて指摘する人がいると思います。

予告編を見た時は切ないラブストーリーが繰り広げられると思ったのですが、これが違いました。

辛く苦しい話になっていきます。思っていたよりもビターで驚きました。

最初は海街diaryを思い出す始まりでした。広瀬すずが出てきてお葬式から始まるくだりは全く一緒です。広瀬すずはお葬式が似合いますね。

豊川悦司と福山雅治のシーンは圧巻でした。淡々と過ぎていく映画の中でぐっと引きこまれるシーンです。中山美穂のくたびれた姿も必見です。

庵野秀明は庵野秀明でした。安心しました。

見るかどうか迷っている人に一つ言わせていただくと、とにかくかわいい広瀬すずと森七菜を見たい人は絶対に見なきゃダメな映画です。損します。

マジで中学生に見えますからね。広瀬すずは二十歳超えているのにすごいっす。岩井俊二監督!

 

 

音楽

 小林武史が作る音楽はやはり神がかっています。だけど、そこまで前面に押し出している感じはしなかったと感じました。

映画自体盛り上がる場面が少なかったので音楽がこの映画の魅力を引き上げたとは言えないかもしれません。

ただ主題歌の『カエルノウタ』はとても良かったです。森七菜の透きとおった声がとてもあっていました。歌詞は岩井俊二で作詞が小林武史です。悪いわけがないんですよ。

Mステさっき見ましたが、ちょっと緊張していたように見えました。でもかわいかったからOK!

 

 

 

以下ネタバレあり

 

3回のサイン

乙坂鏡史郎は劇中で3回、自分の書いた『美咲』という本にサインをします。

1回目は阿藤と飲んだ帰りに阿藤の妻のサカエに頼まれてサインをします。2回目は美咲に線香をあげた後、鮎美に頼まれてサインをします。最後は裕里に頼まれてします。

1回目のサインは自分が遠野美咲の人生に何一つ関わることが出来なかったという現実を突きつけられた後にします。サインを描いた後にペンを本に挟みサカエに返します。自分の名前が『美咲』の中に入ることを阻止しているかの様です。

2回目のサインは美咲が自分の手紙を大事に取ってあることを知り、自分が美咲に影響を与えたことを知ることが出来たため本を閉じ、ペンを本の上に置き返しています。

3回目のサインは見逃しちゃいました⋯確かペンを本を別々に渡していたのかな?トイレに行きたくなって集中して見れなかったんですよ。ごめんなさい。

 

 

岩井俊二監督の美しく撮る技術

f:id:Amari-FM:20200117232127j:plain

とにかくかわいく撮っていました。森七菜と広瀬すずが犬を連れて校舎を走っている映像は今年度1になる可能性は高いです。そのあとの二人で傘をさして鏡史郎を見送るシーンもいいんですよ。森七菜ちゃんがピースして恥ずかしそうにすぐやめて後ろで腕を組むのを見て顔がにやけちゃいました。

森七菜ちゃんが告白するシーンも最高なんですよ。森七菜の表情が素晴らしいです。あの目がとても良かったです。

岩井俊二監督は本当に女優を可愛く、美しく、はかなく撮ることが出来る監督ということを知りました。

 

 

最後に

広瀬すずと森七菜にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?せめて一人にしろという意見には断じて耳を傾けません。

ハッピーエンドだ!という終わり方ではありませんが、なんか前に進んでいこうと思える映画でした。

美咲にとって手紙が救いであり、鮎美にとっても希望であったということを知った鏡史郎は絶対にこれからも小説を書き続けるでしょう。

私もまだ何に対して努力をしていけばいいのかわかりませんが、誰かの役に立っていることを信じて歩んでいこうと思います。

また、手紙の良さを再確認しました。私が最後に手紙を書いたのは連絡がつかなくなったセ〇レです。ラインを消したにも関わらず、どうしても、もう一度会いたくなって手紙を送りました。親ばれするとハズいので裕里と一緒で住所書かずに送っていました(笑)。一緒にするなって思いますよね⋯ごめんなさい。

あと庵野さん!映画出てもいいけどエヴァちゃんと出してね!