あまーり大学

Football Manager日記や大学生活アドバイス、小説・映画レビューブログです

#4 vs Crewe 【Football Manager 2020】

今回から1試合ずつ日記を書いていきます。

FMプレイする時間が減ったのと、フルで試合を見たいのと、もっとサッカーに詳しくなりたいという理由から変更しました。

また戻すかもしれませんが、とりあえず今回はこれでお願いします!

 

 

2019/09/03

Leasing.com Trophy 北セクション グループA

vs Crewe

Away

試合前

f:id:Amari-FM:20191206220751p:plain

ヒートマップを見てわかる通り、中央と右サイドを起点としている。特に右サイドは前の試合と前々回の試合でも重点となっていたみたい。こちらの左サイドがどこまで耐えられるかが鍵になってくる。

 

両SBがかなり高い位置まで上がっているのでそこの裏を付けたらチャンスになりそう。逆に言うとサイドバックをフリーにさせたら終了のお知らせ。

 

2DMFとCMFのトライアングルを崩すのは結構大変そうなのでシンプルに両サイドから崩す形で勝負したい。

 

f:id:Amari-FM:20191206220906p:plain

スカンソープのフォーメーションは5-2-3WB Wide。カップ戦だけど勝っている時は士気を上げておきたいのでメンバーはあまり落とさないようにする。マクガーイはDFの中ではドリブル、パス能力が優れているのでリベロで起用してみた。期待しているのは攻撃時にアンカーの位置でボールを散らす役割。無理させてごめん。だけど期待する選手が君しかいないのよ。

 

試合経過

 

開始20秒でスカンソープが先制する。ウォードのコーナーキックをプロトコルがヘディングで合わせる!相手DFより頭一つ高く跳び、豪快にねじ込んだ。幸先がいい。

 

相手に元チェルシーのMcEachranがいるのが気になる。McEachranは毎回獲得したくなる選手。昇格したら獲得したい。

 

マッカードルとエントレのパスミスが気になるのでCDに変更する。二人ともロングパスばっかり。繋がらないロングパスより繋がるショートパスでお願い。ショートパスも繋がらないようじゃ仕方ないけど。

 

プロトコルのポストプレーが効いてる。相手を背負ってボールがキープできるのは大事。

 

両チームともロングパスの精度が悪すぎて酷い試合。尽く繋がらない。唯一DFラインからパスが通せるのがマクガーイ一人だけ。

 

28分にエイサーのクロスにウォードがヘディングで合わせて追加点。背が低いのによく決めた。166cmしかないからね。エイサーの上げるタイミングが良かったのが大きい。

 

ウォードが中に切れ込むのはいいが、そこから選択肢がない。相手に渡しがち。ただ一番プレーがいいのは彼。

とりあえず前半終了。

 

f:id:Amari-FM:20191206221056p:plain

ヒートマップを見てみると相手の10番が高い位置を取っている。今のところ23マッカードルと2クラークで上手く抑えることが出来ている。

 

13ウォードが右サイドでかなり高い位置を取れているのでそこからチャンスが生まれている。

 

28ブラウンがもう少し開いた位置でプレー出来たら良かったので、後半は攻撃の幅を広くする。

 

マクガーイのリベロは当たり。攻撃の起点になっている。

後半へレッツゴー。

 

やはりプロトコルのポストプレーが効いている。頼もしい。体をぶつけあう紳士(意味深)のスポーツですね。

 

63分、クラークに代えてボールを狩れるソンゴォを投入。守備固め的な交代。

 

完全に相手ペースだけど決定機は作られていない。

 

70分、1トップで体を張ってくれたプロトコルに代えてヴァン・ヴィーンを投入。ヴァン・ヴィーンはテクニック系のFWでプロトコルとは違った良さがある。

 

全くボールを持てなくなってしまった。ヴィーンが全くボールに触れない。やべぇよやべぇよ。

 

83分にエイサーに代えてコルクラフを投入。コルクラフはドリブラー。エイサーよりもスキル面は優れている。

 

だが、直後の84分に失点。エントレがボールをカットできず、Alnleyに交わされロングシュートを打たれる。完璧すぎるショット。これはワトソンも取れない。取れたらノイアー。

 

92分にスカンソープがカウンターで試合を決定づける。ロングボールに抜け出したヴァン・ヴィーンが右サイドでウォードとパスを交換し、右足でシュート。ニアサイドを抜いた。

ヴァン・ヴィーンは途中出場で結果を出してくれた。ほとんどボールに触れなかったが、決めてほしい時に決めてくれたので大満足。

 

試合結果

f:id:Amari-FM:20191206221319p:plain

f:id:Amari-FM:20191206221358p:plain

f:id:Amari-FM:20191206221516p:plain

とにかくウォードさまさまといった感じ。1G2Aの大活躍。右WGの一番手になりそう。プロトコルとヴァン・ヴィーンのFW陣もよかった。

 

ヒートマップを比べてみるとわかる通り、明らかにうちのラインが低い。完全に押されていた。WGのエイサーの位置はセンターライン超えていないからね。完全に引いて守っている。

 

カウンターで勝てるとは思っていなかった。今までのFMだとカウンターは弱いイメージしかなかったから。今回はカウンターをメインで考えてみようかな。

 

まだ慣れていないので書くのが遅くなってしまいましたが、うまく書けるようになると1日1記事更新できると思います。

正直まだこの形式で行くか決めていないのですが、次も1試合メインに取り上げて書いていきたいと思います。

もっと静止画を取り入れて解説とかしていきたいんですが、そこまで語ることが見つからない。サッカーを見るのも下手なのがばれちゃう。