あまーりのゲーム日記

Football Manager日記を中心としたブログです

久保建英はバジャドリードで活躍できるのか?

久保建英選手がバジャドリードにレンタル移籍するというニュースが出回っています。

そこで今回は久保建英選手がもしバジャドリードにレンタルすることとなったらどのポジションでどの選手と争うのかFootball Manager 2019を通して見ていきたいと思います。

ちなみに私は昨シーズンのバジャドリードの試合を一試合も見ていません。正しくない情報もあると思いますのでコメントお待ちしています。

 

 

 

昨シーズンのバジャドリードは4-4-2を使用していたらしい。今期も直近の試合(2019/08/05)でも4-4-2を使用していた。

戦術的なことは試合を見ていないので全く述べることはできないが、久保建英が出場するとなると右サイドハーフか2トップの一角になるだろう。

 

まずは右サイドハーフの選手から見ていく。

 

パブロ・エルビアス

f:id:Amari-FM:20190809114047p:plain

昨シーズンもエイバルからレンタルでバジャドリードに所属していた選手。今期は完全移籍で加入した。2試合しか出ていないが実力はある。快速ドリブルと精度の高い右足が武器。

 

オスカル・プラノ

f:id:Amari-FM:20190809114051p:plain

おそらく右サイドでの起用がメインとなる選手。マドリーのカンテラ出身でストライドの大きなドリブルが印象的だそう。

 

トニ・ビジャ

f:id:Amari-FM:20190809114056p:plain

おそらく左サイドで使われる選手だが一応右サイドもできるので紹介。ドリブル、パスがうまい期待の若手アタッカー。

 

ダビド・マヨラル

f:id:Amari-FM:20190809114101p:plain

2部のアルコルコンからレンタル復帰した選手。そこでもベンチが定位置だったので久保の相手にはならないはず。

 

ホルヘ・デ・フルトス

f:id:Amari-FM:20190809114104p:plain

マドリーからレンタルで加入している右ウイング。彼の能力値を見る限り縦に突破するドリブラーなのだと思う。

 

 

右サイドハーフで競う選手はこのぐらいだろう。プラノ以外は全員右利きで縦への突破がメインのドリブラーだ。プラノに実力で勝った上に監督がどのような戦術で挑むかがカギになるだろう。

 

次にFWを見ていく。

 

セルジ・グアルディオラ

f:id:Amari-FM:20190809114109p:plain

昨シーズン途中にヘタフェから加入した選手。ヘタフェではほとんど出番がなかったがバジャドリードでは17試合に出場して3得点を挙げている。体の強さを活かしたポストプレーが得意。

 

サンドロ・ラミレス

f:id:Amari-FM:20190809114115p:plain

エヴァートンからレンタル移籍で獲得した選手。24試合で0ゴール0アシストというあまりにも不名誉な記録をたたき出した。バルサユース出身でポテンシャルは高い。フィニッシュとチャンスメークができるFW。

 

クリス・ラモス

f:id:Amari-FM:20190809114122p:plain

セビージャBにレンタルしていた選手。久保の相手じゃないはず。

 

エナス・ウマル

f:id:Amari-FM:20190809114127p:plain

昨シーズンのバジャドリードのエース。6得点しかできなかったが残留に貢献した。エリア内で勝負する典型的な9番タイプの選手。

 

スティーブン・プラサ

f:id:Amari-FM:20190809114133p:plain

昨シーズン途中にエクアドルのチームから加入したFW。身体能力の高さが特徴。

 

 

昨シーズンの最初はウマルの1トップだったが終盤はウマルとグアルディオラの2トップにして残留に成功している。久保が競う相手はグアルディオラ、サンドロ、プラサだろう。正直FWの方がスタメンで出るには難しそうである。サンドロとのバルサ2トップとかも見てみたい気はするが難しいだろう。

 

 

ここで僕が思うスタメンを発表する。

f:id:Amari-FM:20190809114022p:plain

ゴールキーパーはマシプ。昨シーズンの正GK。バルサ育ちで足元が巧み。

CBはバルバとオリバスのコンビ。バルバは昨シーズンキエーボで左SBのスタメンだった選手。オリバスはバジャドリードでパス成功率88%を記録した守備の大黒柱。

右サイドバックはベテランでキャプテンのモジャーノ。左のナチョはスピード自慢のサイドバック。

CMFはミチェルとアルカラス。ミチェルは攻撃センス抜群のMF。アルカラスは豊富な運動量と正確なキックが特徴の好守で活躍できる選手。

右にはもちろん久保建英。左は先ほど紹介したトニ・ビジャ。

そして2トップはウナルとサンドロ。

 

 

 

EUROPE SOCCER TODAYとFootball Manger 2019、WhoScored、SofaScoreを参考にして考えました。バジャドリードの試合は1試合も見ていないので実際のところはわかりません。ただ久保建英がスタメンで出る可能性は高いと思います。期待しています。